時に散る ときにちる
Emportée par le temps

続いて来た 過去の道
今 ゆっくりと 振り返り見る
楓の丘まで広がる
輝く麦の穂 変わらずに見える

つづいてきた かこのみち
いま ゆっくりと ふりかえりみる
かえでのおかまでひろがる
かがやくむぎのほ かわらずにみえる

風に散る
落葉は 時に
散る生命
散る生命

かぜにちる
おちばは ときに
ちるいのち
ちるいのち

La feuille emportée par le vent
Est comme la vie emportée par le temps.

細く 曲がりくねる道
あの丘のもとへ 僕を連れて行く
砂の岸辺に寄せる
澄んだ川の音 遥か流れ来る

ほそくまがりくねるみち
あのおかのもとへ ぼくをつれてゆく
すなのきしべによせる
すんだかわのおと はるかながれくる

Cliquez pour écouter la chanson

Paroles: Rie Mochizuki, Renaud Bouret, Albert Leduc - Musique: Renaud Bouret